teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


カガヤンシーロへの道

 投稿者:うさ  投稿日:2016年 5月10日(火)13時10分25秒
   カガヤンシーロへの道。わが二十八年におよぶダイビング人生のしめくくりとして、フィリピンはスールー海南部にある世界遺産のトゥバタハリーフに行ってみたいと思っていました。
 そんなところに、やはりスールー海の北にあるカガヤンシーロに行ってみたいという人があらわれ、その人と同行して行ってきました。同じスールー海にありやはり世界遺産で国立海洋公園でありほぼ同格と思われたからです。
 ネグロス島の西側にあるシパライという町から真西に130km。パラワン島からもそれ以上に離れていて、ほぼ絶海の孤島といっても過言ではないところです。
 ダイビングは大型ではあるけど、現地スタイルのバンカというダブルアウトリガーの木造船で時速10ノットしか出ないために、初日の夜九時、シパライのダイビングリゾートを出発。翌朝六時カガヤンシーロに到着し、ダイビング開始。日中3本潜り、夕食後にナイトダイビング1本というスタイルで4日間。5日目に朝2本潜って、リゾートに戻ってくるのは夕方六時前後という行程でした。
 カガヤンシーロは近場の付録のような島をいれると、1ダースくらいの小島で形成されているようですが、全体はフィリピン最小の州、シキホールの縁辺部のみをY字型に引き裂いて延ばしたくらいの大きさです。
 いざ、潜ってみると、フツーにナポレオンがおり、サメが走り、ロウニンアジの成魚が泳ぎまわり、マダラトビエイがいて、カンムリブダイが数匹で群れをなし、ギンガメアジが群れ、バラクーダの群れが走りぬけていく。
 そういう意味ではいままでのダイビング経験の中ではベストと言っていいと感じました。パラオやモルディブ、シパダンでも潜りましたが、それに匹敵するか見られれる魚種の豊富さでは上回っています。ただし、いかんせん、島やその周辺の海のスケールが大きすぎて、凝縮したような形では見られないのです。たとえばアポ島では3,4月に限定されますが、潜ればだいたい数千匹の成魚のロウニンアジの群れに遭遇することができる。その意味ではアポは、一点豪華主義じゃやなく、超一点豪華主義でしたね。
 カガヤンシーロでは5日間で日中14本潜りましたが、サメ、マダラトビエイ、ナポレオンなどは複数回遭遇しましたが、カンムリブダイ、ギンガメ、バラクーダ、などはそれぞれ一回程度しかみられませんでした。
 それでもスケールの大きな海は本当に手付かずの海でソフトコーラル類も大きく、生き生きとしていて、何十年か以前にはシキホールやスミロン島の海の中はそんな姿をほうふつとさせるものだったと思い起こさせてくれました。特にウミウチワは巨大なものが多数群生しているところがあって、浦島伝説の乙姫さまや鯛や平目の舞踊りをほうふつとさせるものでした。
 そういった意味では、カガヤンシーロへの道で閉じることになったわがダイビング人生は幸福なものだったなという思いをかみしめているところです。
 
 

いよいよ

 投稿者:うさ  投稿日:2016年 3月24日(木)08時39分54秒
   ダイビング稼業とも本格的におさらば?6月くらいからラーメンや餃子、和牛の鉄板ステーキの店をはじめる運びとなり、そうなるとチーフコックとして毎日店に立つようです。
 で、昨日はそのビジネスパートナーの人と最後?のアポでロウニンアジの群れを見てきました。
 その人とは5月にカガヤンシーロというトゥバタハリーフに匹敵するところにダイブクルーズで行ってきます。
 

季節風は平年なみに

 投稿者:うさ  投稿日:2016年 2月24日(水)20時48分23秒
  https://www.facebook.com/photo.php?fbid=985451474867963&set=pcb.985453321534445&type=3&theater

 いよいよ、この壊れたHPを訪ねてくる人もいなくなってきたようです。でも数年ぶりに来られたリピーターの方を古くからある欧米系のリゾートのエルドラドに泊めました。ダイビングもまかせたのですが、見せるのは小物ばかりでリピーターの方にはご不満の様子。私がマサプロドにご案内してようやく納得がいったようです。水中写真はありませんが、上記URLをコピーしてブラウザーすれば陸上からの写真は見られるかな?
 見られた。本当はアポのマムサポイントの深場は今は大型ロウニンアジがうじゃうじゃいるはずなんですが、体力的に厳しい方ですと無理みたいです。
 

再びロウニンの群れ

 投稿者:うさ  投稿日:2015年12月23日(水)20時04分49秒
   クリスマスも近づき、季節風は強まりつつありアポの透明度もいまいちです。そんななか、いろいろ縁のあるかたがお友達を連れて来ていただき、二本目はやや波が荒いけどマムサに入りました。
 ギンガメアジはそこいらじゅうに拡散している感じでしたが、えぐれたような地形の深場では35mくらいからギンガメの群れを突き破るように大型ロウニンアジが突出してきていました。もしかしたら来年3月4月の最盛期にはかなりすごい群れが出現するような予感です。
 

ロウニンアジの群れ

 投稿者:うさ  投稿日:2015年11月25日(水)17時16分25秒
   病気で半年ほどアポで潜るのを延期していたリピーターの方がようやく復帰してこられました。で、台風26号もそれて、好天気べたなぎのアポに潜りました。
 マムサでは病み上がりなのでそうは深くは行きませんでしたが、40mくらいのとこでロウニンアジの成魚の群れがど~んと出ましたね。
 復帰第一戦お祝いのご挨拶といったとこでしょうか。
 

 投稿者:うさ  投稿日:2015年 9月24日(木)06時33分40秒
   23日深夜というか早朝に台風23号になった雲の渦の影響を受ける中、リピーターの方とアポへ。南からのうねりがすごくマムサは流れが打ち消されて、ギンガメアジは姿なし。ココナッツは流れていて、亀が大小二匹が餌のとりあいなのか?口をくっつけてにらみ合い?あんなのはじめて見たと言ってましたね。  

なぜでしょう?

 投稿者:うさ  投稿日:2015年 8月13日(木)05時54分8秒
   このホームページのトップはこわれていて、空白でしか表示できていないのになぜか、繁忙期には問い合わせとかきちゃいます。
 やむなく応えられるご要望には応えて、アポとかに行ったりしてます。昨日は台風の余波の影響もなくなり、というか季節はずれの北東風っぽかったりして、サンゴのきれいなチャペルに潜れてカメもたくさんいました。けど、やっぱり流れが出てきた午後はマムサのギンガメアジでしたね。下のほうにはロウニンアジもちらほらしていた感じ。
 

大型ロウニンアジ

 投稿者:うさ  投稿日:2015年 6月21日(日)19時20分9秒
   今日のアポ、二本目のココナッツポイント。いつも通るコースの屏風岩のあたりで1・5m40kg超えの真っ黒なロウニンがいました。久しぶりですが、たまにこういうことがあるからダイビングはやめられませんねぇ。
 また肩のような地形の上と下と両方で、ギンガメアジの群れがいました。上のほうの群れには小型ながらもロウニンアジがちらほらと。
 ここのところずっと好天が続いて、たまにスコールがありますが、無風状態です。でもうねりは南から。まもなく本格的な雨季になっていくでしょう。
 

どうもです。

 投稿者:うさ  投稿日:2015年 6月11日(木)06時17分26秒
   まあ、リピーターの方とかとはたまには潜ってますが、身体が続くあいだはやはりアポに行きたいですね。
 それとやはり身体が続くかぎりはということでラーメンとか餃子の商売やろうかな?と思ってます。
 

お世話になりました。

 投稿者:てらおか  投稿日:2015年 6月 9日(火)19時07分1秒
  一月に夫婦でたいへんお世話になりました。
久しぶりにHP見たら閉店のお知らせがありびっくりしました。
少し前にアポ島のバナナが1本500円というのをテレビで見て
あそこのバナナがそんなに高価だったのかと、またいつかバナナを食べに
ダイビングを兼ねてドゥマゲッティへいこうとおもっていました。

またいつの日かドゥマゲッティに行くときにはこえかけます。

お体にはお気をつけて。
 

レンタル掲示板
/53